定年祝いの贈り物選びのタブー

定年祝いの贈り物選びのタブー

会社の規模にもよりますが、定年祝いといえば、やはり一人だけがその退職者をお祝いするというものではありません。そうなると、

  • 職場の同じ部署内での連名で退職祝いを贈る
  • お世話になった同僚や上司などに個人的なお祝いを贈る

などとさまざまな立場の違いも出てきますので、そこにはいくつかの守るべきエチケットがありますのでご紹介いたします。

目上の方に贈る場合のタブー

まずは、定年祝い、退職祝いですから、多くは上司や先輩など、目上の方に贈る場合が多いと思います。こうした場合には、

  • 身に着けるもので、下に付けるもの
  • 踏んだり、下に敷いたりするもの

という言われ方をしていて、日本では伝統的にタブーとされています。

具体的な商品でいえば、
靴下室内用スリッパ下着カーペット、といったようなものがタブーです。

送別会の幹事の皆さんが「そんなのは、いささか時代錯誤だ」とみなさんが感じられるようであれば、それはそれで一向に問題ありませんが、あとは本人が気にするかどうかです。

 

中には、そういったものを頂いても何も気にならないという人もいるでしょう。管理人も、その口の一人ではありますが、ただし、定年退職される方はそれなりに高齢となっていらっしゃる方ですから、ご本人ばかりではなく、同年以上の周りの方から指摘を受けて、後から本人が気を悪くするという事も出てくるかもしれません。

 

もし、あなたが幹事としてプレゼントする品物を選ぶ立場になった場合には、出来ればこうした贈り物は最初から避けた方が無難だといえます。

一般的な贈り物としてのタブー

定年祝い・退職祝いばかりに限りませんが、お祝いの機会には控えた方がいいプレゼントもあります。

  • ハンカチを贈ること
  • 櫛を贈ること
  • 日本茶を贈ること

ハンカチを漢字で書くと「手巾(てぎれ)」と書きます。いまどき、ハンカチを漢字で書く方はなかなかいないかも知れませんが、「手切れ」即ち「縁を切る」という意味合いから、退職祝いの贈り物としてもタブーとされているようです。
そして、櫛を贈ることへのタブーについては、「櫛=苦・死」に結び付くことから、語呂合わせではありますが、忌み嫌うと認識しておきましょう。日本茶の贈り物については、一般的に香典返しなどに使われることが多い為のようです。定年祝いも、せっかくのお祝いなのにイメージが悪い、ということになりますね。

明るい未来を祝う点からのタブー

また、「定年祝い・退職祝い」は人生からのリタイアを祝福するものではなく、「今後に広がる展望や明るい未来を祝う」」という意味合いがあります。こうした点を踏まえて、

  • 割れやすいもの
  • 壊れたりしやすいもの

といったものは、出来れば避けた方がよいという慣習もあります。

 

こうした慣習に従うと、例えば、陶磁器や茶碗などという割れたり、欠けたりしやるいものですので、避けたほうがいいということになります。但し、これは「靴下を贈る」などというような重大なタブーというものではなく、昨今ではあまり気にされなくなってきているタブーとも言えます。

 

例えば、本人が陶芸を志していたり、鑑賞することに特段の興味を持っているような人であれば、それに相応しい贈り物も頭に浮かんでくるでしょう。

 

あるいは、退職される方が好む者の中にはバカラグラスやジノリなどのように、贈り物がそれ相応の価値ある高級品であったり、希少性があることもあります。

 

実際に、本人の趣味嗜好として「茶道」が大の趣味だという方には、それに相応しい茶道具をプレゼントすれば喜んで頂けるだろうという場合には、何もそこまで堅苦しく考える必要はないと言えます。

 

こうした点を考慮すれば、どこまで遠慮すべきかは、その線引きはあってないようなものかもしれません。

 

そのあたりは、幹事の方が臨機応変に対応して頂ければいいと思いますが、こうした事があるという点だけはしっかりと押さえておきましょう。

 

幹事の最大の役割は、送別会で同僚を気持ちよく送り出してあげることです。最大の「おもてなし」の精神を発揮して、退職者はもちろん、参加者にも気持ちよくその時間を過ごしてもらえるよう心掛けましょう。