定年祝いプレゼントの選び方

定年祝いの選び方

職場の上司や同僚などが定年退職を迎える方の人生の節目には、部署での仲間たちが連名で贈るプレゼントとして、あるいは仕事や私的な事柄も含めて個人的にお世話になった人に対するお祝いとして「定年祝い」を贈るのが一般的です。

 

現代では金封でも構いませんが、一般的には物品を贈ります。

避けた方がよいのは、下着や靴下、足で踏むもの、などです。

 

では、より望ましい定年祝いのプレゼントというのは、一体何でしょうか?

定年祝いのプレゼント

定年祝いのプレゼントについてですが、実はこれには定番というものがありません。
無難なところでは御食事券などですが、現役をリタイアして隠居生活に入るような方の場合、常識的に個人で贈るようなものではありませんが、部署で複数の方々がお金を出し合って贈る場合には「温泉旅行などの旅行券」というものも、検討すべき対象の一つに入れて見ては如何でしょう。

 

但し、割り勘にする場合、何人でいくらずつ出し合うかということになりますので、幹事の方は贈る側の社会的ステータスの上から考えて法外な金額にならない範囲で検討しましょう。また、既に

本人の趣味嗜好がわかっていれば、それに合わせるのが最良です。

 

例えば、退職者の方が、普段からアルコール類が大好きな方であるとします。そんな左党の方なら、

  • 日本酒党の方には、高級な吟醸酒を贈る
  • ワイン党であれば、高級なヴィンテージワインを贈る

といったような選択も、けして悪くありません。

但し、こうした趣向品は、相手の方からすると選び手のセンスを問われることになります。酒好きの方々の世界とは、高いものならそれで誰しも喜んで頂けるというほど単純なものではないようです。その意味では、幹事の方はそのあたりは選び方には十分に気を配りましょう。

 

また、退職される方が日頃から芸術に興味があって、よく舞台の観劇に出かけることが趣味だという方もいらっしゃるでしょう。
興味の対象や好きな俳優などがはっきりしていれば、そのような舞台のチケットを手配してみては如何でしょう。

  • 歌舞伎が好きな人には、歌舞伎座の特等のチケットを贈る
  • ミュージカルが好きな人には、その関係のチケットを手配する

その他には、定年後にどこで何をするかがハッキリ分かっている人でならば、その分野で必要となる物も喜ばれるでしょう。

 

こうした贈り物には日頃からのコミュニケーションも欠かせない情報源です。
幹事の方は、特に退職される方と親しい同僚などからしっかりとヒアリングして、色々情報を収集してみましょう。
きって満足度の高い贈り物が見つかるはずです。

事前のリサーチで喜ばれるプレゼントを

定年の記念に・・・という、大切なプレゼントをお探しですね。

 

定年退職をお祝いするということは、一定の期間同僚として働いてこられたわけですから多少なりとも趣味や好みをおわかりの場合も多いと思います。

 

しかし、中にはプライベートについては、一切社内では分からないという方もあります。
こんな時には、日頃から退職者のニーズ調査はしておくと、いざという時に困りません。

 

退職するとはいっても、大抵は社内制度でいつ頃退職するかは分かります。

 

そこで、不意をついたサプライズプレゼントをするならば、更なる事前のリサーチが重要です。

 

今、退職者が欲しいものは何か、2カ月前辺りからリサーチしていればバレません。
例えば、一緒に昼食に行った時や退社後に飲みに出た時に

  • 「これ・・・じゃない?」
  • 「これ・・・いいんじゃない?」

などと対象になりそうな物品や事柄について聞いてみて、相手の反応を見てみましょう。

 

または、他の対象者になぞらえて、聞いてみてもいいのではないでしょうか?
「友達が退職するんだけど、どんなものが喜ばれると思う?」
「今の趣味の●●はどんな調子?」など・・・
嘘も方便とはいいますが、素直に自分が欲しいものや様子を教えてくれるのではないでしょうか。

 

サプライズプレゼントなら、使用頻度の低いものや消耗品、プチ贅沢アイテムの中からリサーチしてもいいでしょう。