「消え物」サプライズプレゼント

「消え物」サプライズプレゼントのおすすめ

定年祝い、退職祝いで、サプライズプレゼントというのなら、何も品物ばかりを考えるのではなくて、記憶に残る「消え物」プレゼントというのはいかがでしょうか。

 

例えば、在職中はゆっくりと旅行や食事に出かける機会も少なかったかもしれません。旅行までの手配も予算上大変かもしれませんが、飲食店や観劇、クルージングなどの手配なら少々ハードルは低くなるというものです。

消え物プレゼントをペアで手配

そんな方の為に、夫婦で一緒に過ごす、最高の時間をプレゼントして、これから始まる第二の人生の絆を深めるきっかけを作ってあげましょう。

 

たとえば、退職者の方が一度は足を運んでみたいという飲食店や料亭、レストランがあったとすれば、その利用の機会を提供してみるのもいいでしょう。

 

こうしたものは価格的にはピン切りですから、超人気店に並ばずには入れたり、老舗のお店にいつの間にやら足を運ぶ機会を作って頂けるというのも、スマートですよね。

 

その他、夏だとすれば、大きな花火を見ることができる機会をとらえてレストランやホテルを予約するとか、他の季節でも使えるのが、船に乗って東京湾を一周しながらゆっくりと食事をするなどというのはいかがでしょうか。

 

こういう手配というのは、なかなか思いつかないものですので、突然の展開が、退職者や奥様をご機嫌にしてくれるのではないでしょうか。ちなみに、クルージングの船は、浜松町やお台場、浅草から出航しているのでアクセスもしやすいです。ちなみに、クルージングはティータイムなど時間帯によっては、2000円前後のようです。

観劇などのチケット

その他、歌舞伎やミュージカルなどを見るような趣味や好みがある方の場合、なかなか興味はあっても行くチャンスがなかったというようなこともあるでしょう。

 

サプライズが苦手な幹事でも大丈夫です。ただ予約をするだけ。そして、いずれも予算的にも、驚くほど高額ななることもないでしょう。定年祝い、退職祝いを割り勘にするなどの事情にもよると思いますが、その予算に応じて考えてみては如何でしょう。

劇場のマナー

改めてお伝えするまでもないかもしれませんが、参考までに、劇場の観劇に際しては、守るべき最低限のマナーがありますので記しておきます。

開演後でも、客席への入・退場は出来ますか?

上演中の客席への入場は他のお客様のご迷惑になります。なるべく開演前に早めの着席をしましょう。やむを得ず遅れてご入場になる場合は、演出等の都合で、後方のお座席等で待つことになる劇場もあります。その際は、ご協力的に行動しましょう。また、途中退場も他のお客様の視野の邪魔になります。出来る限り控えましょう。

客席内で飲食は出来ますか?

上演中の客席での飲食はどこも出来ません。開演前や休憩中は客席内で、お召し上がりいただけます。但し、臭いを気にされる方もいらっしゃいます。できるだけロビーや劇場のお休み処などのご利用をお勧めします。また、酒類につきましてはは一切禁止というところが多いようです。
なお、劇場内は、たいてい食堂、喫茶室、売店には、様々なお食事メニュー、お弁当やお飲物を取り揃えておりますので、どうぞご利用ください。

乳幼児を連れて行ってもいいですか?

現在、年齢による入場制限を設けているところもあります。また、ない場合でも、泣いたり声をあげたりされるような場合は客席から退場するのがマナーです。直接、各主催者にお問い合わせ下さい。

花束やコインロッカーに入らない荷物は、客席に持ち込んでも差し支えありませんか?

花束や大きな荷物は、周りのお客様の迷惑になることがあると思われる場合には持ち込むことができません。

席が開いていたら、その席に移ってもいいでしょうか?

大抵は指定席での観劇となります。指定席での公演は、その座席で鑑賞しか観ることができません。

携帯電話はマナーモードにしておけばいいですか?

よくあるトラブルですので、携帯電話や時計等のアラームは予め切りましょう。例え、マナーモードや光着信でも、バイブ音が響いたり、明りが洩れたりすると周りのお客様が気になります。

※ 一般的なマナーの再確認

後方のお客様にも、観劇の邪魔にならないようお気遣い下さい。例えば、つばのあるような帽子などは間が気の差し支えますので、必ずお取りください。また、前かがみや身を乗り出しての観劇は慎むことが大切です。

 

上演中は、当然ですが、静かに観劇し、私語、雑音は控ええましょう。持ち物なども、携帯電話の呼び出音や光りもの、ビニール袋などのガサガサ音や鈴の音など、小さな音でも周囲の方にとっては非常に気になるものです。マナーを守りましょう。

 

また、上演中は場内での写真撮影及び録音・録画は、大抵の劇場で固く禁止されています。